レーザー

今まで大手美容クリニックで勤務し、美容外科から美容皮膚科まで様々な美容医療を経験して参りました。
その中でもお肌の悩みが多くシミからたるみまで内容は人それぞれです。
お肌の治療にスポットをあてると、美容皮膚科ですと光・レーザー治療
・サーマクール・ウルセラ・CO2フラクショナルレーザー・ボトックス・ヒアルロン酸・血小板治療など
お肌の治療は多岐に渡って行われております。
およそ2万症例もの経験を通してあることを考えるようになりました。
『一番負担が少なくてメンテナンスしやすい、お肌に効果的な治療は何だろう?』
日々、治療しながら色々と考えました。
シミはフォトフェイシャルと呼ばれる光治療が主流でしたが、肝斑が増悪するリスクを伴います。
肌質に関してはCO2フラクショナルレーザーが主流でしたが、これはダウンタイムと痛みが伴います。
たるみですと外科的なリフトアップが一番効果があります。ただし痛み・腫れ・内出血などダウンタイムが伴います。
サーマクールやウルセラはノーダウンタイムですが、効果はやはり外科治療に劣ります。
もっと、治療が少なくてメイク感覚でできる治療はないのか。

そこで出会ったのが、レーザートーニングでした。
イメージ画像

レーザートーニングは、今まで治療が難しかった『肝斑』の治療を可能にした革命的な治療として、一気に世界中に広まりました。
この治療の凄いところは、ただ肝斑の治療だけではないところ。
継続的に治療していくことで、シミやくすみも改善しますし、
毛穴も引き締まるのでお肌のキメが細かくなりハリのある肌になっていくのです。
しかも痛みも少なく、施術後もノーダウンタイムです。

まるでメイク感覚の治療だな。
私はそう感じました。

肝斑の増悪を恐れることなく、シミくすみの治療が可能ですし、定期的に照射することで、肌が引き締まります。
この治療は、20代の方でも決して早すぎることはありません。
定期的に通って頂くことで、透き通るようなハリのある肌を維持できます。

今回私どもはこの素晴らしい治療をより多くの患者様に受けて頂けるよう、価格設定を徹底的に追求しました。
より身近にレーザートーニングの必要性を感じて頂けると嬉しいです。

メイク感覚で美肌治療を。

いつも気軽に通えるクリニックを目指します。

皆様のお肌が、常に輝いていますように・・・。
全力でサポートさせて頂きます。

堀田 和亮 統括医師 美容デザイナー®

堀田 和亮
  • 2009年日本大学医学部卒業。同年より東京女子医科大学病院
    (形成外科・皮膚科・麻酔科)にて研修。
  • 2011年より大手美容クリニックで美容外科・美容皮膚科を研鑚。
  • 都内にて外科、皮膚科共に院長を歴任し、多数の経験を積む。
  • 2014年9月、渋谷にて「YAG BEAUTY CLINIC」を開院し、院長就任。
  • 開院後1ヶ月で新規来院者数1,000名、3ヶ月で新規来院者数2,000名と
    短期間で多数の来院者数を記録するクリニックへと成長させる。

4つのこだわり

PRICE
驚きのコストパフォーマンス
SKILL
追求した高度技術
ACCESS
駅近&簡単予約
SURPRISE
美容医療に変革を

[ グループ院一覧 ]

プライバシーポリシー